提出物・技術資料編/SKG株式会社<

沖縄の足場用品販売・仮設建築機材・職人用品などを取り扱っています。

提出物・技術資料編

足場の設置に必要な手続きや書類、技術的な制約について、よくご相談頂く内容を掲載しております。また、疑問点やご質問はいつでもお気軽にご相談ください。

ブレスはどのように設置すればいいですか?

1:低層建物の場合

一側ブレスを使用して筋交を設ける場合は、全層全スパンにわたって原則として連続して設置してください。
また、筋交の傾きはおおむね00°になるように設置してください。
単管とクランプを使用して大筋交とする場合は、全層全スパンにわたって設置してください。
筋交の傾きはおおむね00°となるよう、また、支柱との交差部分は全てクランプで固定してください。

2:中高層建物の場合

一側ブレスを使用して筋交を設ける場合は、00層00スパン以下ごとに交差00方向にわたって設置してください。
また、筋交の傾きはおおむね00°になるように設置してください。
単管とクランプを使用して大筋交とする場合は、00層00スパン以下ごとに交差00方向にわたって設置してください。
筋交の傾きはおおむね00°となるよう、また、支柱との交差部分は全てクランプで固定してください。
典拠: 仮設工業会「くさび緊結式足場の組立て及び使用に関する技術基準」

建物外壁と足場の離れが30CM以上になってしまう場合はどうすればいいでしょうか?

内手摺を設け、中さんを併用するなどの墜落防止のための措置を行ってください。
典拠: 仮設工業会「くさび緊結式足場の組立て及び使用に関する技術基準」

労働基準監督署に「足場の設置届」を提出するのはどういう場合でしょうか?

足場の組立てから解体までの期間が60日以上を要し、
なおかつ足場の高さが10m以上の場合に足場設置工事の開始の日から30日前までに、
所轄の労働基準監督署長に足場の設置届を提出することが義務付けられています。

一層目の踏板の高さについて基準はありますか?

座屈防止等の観点から、地上第一の布は、2m以下の位置に設ける事が義務付けられています。
典拠:厚生労働省「労働安全衛生規則」

芯−芯寸法とはどこの部分の寸法を指しますか?

支柱と支柱の中心間の寸法を「芯-芯間寸法」といいます。

くさび緊結式足場の組み立て技術基準について

仮設工業会刊行の「くさび緊結式足場の組み立て、及び使用に関する技術基準」とはなんでしょうか?
厚生労働省労働基準局安全課建設安全対策室の指導の下、
社団法人仮設工業会より、平成15年7月に公表された技術基準です。
この技術基準は、認定基準に定める「くさび緊結式足場の部材及び附属金具」の
認定基準に適合する部材を用いて高さ31m以下の本足場を組み立てる際の安定基準となります。

沖縄県の足場(仮設)機材や鳶職などの業務支援を目的とする用品の販売や資材のレンタルを行っております。
電話受付時間 9:00~18:00(月~金)
沖縄県公安委員会 古物商許可 第971021700030
SKG株式会社
〒901-0325 沖縄県糸満市大里1703-1
TEL:098-911-0100
FAX:098-911-6563
真幸組株式会社 本社 (HP)
〒901-0325 沖縄県糸満市大里1703-1
TEL:098-911-6562
FAX:098-911-6563
石垣支店
〒907-0023 沖縄県石垣市字石垣456番地
TEL:0980-87-0255
FAX:0980-87-0255
2014 - 2019 © SKG株式会社
沖縄のブランドコンサルティング ML Design(エムエルデザイン)